レンタルスペース
スタッフ募集
サクランボ
焼きプリン
玉露
「フルーツの酸がキレイ」
口に含むと、まず感じるのが肉厚な液体。
もっちりとした質感は、クレームブリュレや、プリンのよう。
それでいて、口に広がる、スッキリとしたアフターティストには、柑橘系の甘い酸が心地良く残ります。
底知れない美味さ
タカムラのスタッフ皆で試飲をした際、『ホンジュラスにこんな美味いコーヒーがあるんだ!メチャクチャ美味い!!』と、ホンジュラスの底知れない美味さに、全員一致で感動しました。

液体の甘さとほろ苦いカラメルのような印象から、焼きプリンや、クレームブリュレを連想させます。ちょっと大袈裟かもしれませんが、まるでデザートプレートのようです。
甘さだけでなく、もっちりとした質感と後口には心地よい苦味があり、その苦みが全体の味を引き締めている、非常にバランスが良いコーヒーです。
このコーヒーはちょっとめずらしい《パカス》という名前の品種。
今や、カップ・オブ・エクセレンスでは常連品種となった《パカマラ種》は、この《パカス》と《マラゴジッペ》という品種の掛け合わせです。

《パカス》は、《パカマラ種》の父親のような存在なのです。パンチのある香り、厚みのある液体がパカマラにも似た風味を感じさます。是非、パカマラを想像しながらも、この《パカス》の魅力に触れてみて下さい。
□産 地/ホンジュラス
□地 域/サンタバルバラ県 ラス・ベガス
□農園主/ミゲル・モレノ・レイバ
□品 種/パカス
□精選方法/ウォッシュド
□標 高/1500m
□順 位/20位
□スコア/86.90点
□苦味の強さ(5段階)/2
□焙煎機/ローリング社 スマートロースター 35kg
□焙煎度/浅煎り
200g ¥1,780(+税)