レンタルスペース
スタッフ募集
ミント
ショウガ
レモン
「爽快感を感じるコーヒー!?」
飲んだ瞬間のはじけるような爽快感は、ジンジャーのニュアンスを思わせ、雑味も無く、飲み進むにつれ柔らかな印象へと変化していきます。
一風変わった、ミントのような風味を持つこのコーヒーは、清涼感という言葉がピッタリな、《コーヒーの風雲児》とも言える、高いポテンシャルを感じさせます。   
突き抜ける清涼感!
Cup of Excellence2014受賞豆!

このコーヒーの特徴は、何と言っても《カスティージョ》という品種で入賞していることです。コロンビアではかつて、コーヒーの木が冒される病、「さび病」に感染し生産量が激減した過去がありました。それ以来、品種改良を重ね、近年登場した新品種が《カスティージョ》です。この品種は、さび病に強く、アラビカ種の風味に近づけた豆で、過去にはカスティージョとカトゥーラの混合ロットで、COEの1位に入賞したこともあり、コロンビアでは品質と生産性を兼ね備えた、こだわりの品種として注目されています。

今回、見事4位に入賞した「エル・ラナンホ農園」は、カスティージョ80%、コロンビア20%の混合ロットであり、《カスティージョ》という品種がカップ・オブ・エクセレンスに入賞することで、コロンビアの名誉も取り戻しつつあります。

「エル・ラナンホ農園」のコーヒー生産には、代々受け継がれた伝統的な生産方法を取り入れられています。農園主のゴンサロさんは5人家族で経営しており、常にコーヒーの様々な事を話し合いにより決定し、直面した問題も、協力し合いながら解決策を模索してきたことが、今回の受賞に繋がったと話しています。

コロンビアコーヒーは、マイルドなイメージがありますが、この農園のコーヒーはまろやかでありながら、一風変わった風味を持ち合わせており、コロンビアの品質に対するこだわりが垣間見えます。
コロンビアコーヒーのポテンシャルを無限に感じさせるこの逸品は、焙煎士としての腕の見せ所でもあります!ぜひ、エル・ナランホ農園の可能性を感じて下さい!   
□産 地/北部カウカ県カロト地区ラ·エストレージャ村
□農園主/ゴンサロ・ダウア
□品 種/カスティージョ80%、コロンビア20%
□精選方法/ウォッシュド
□標 高/1750m
□順 位/4位
□スコア/89.31点
□苦味の強さ(5段階)/2
□焙煎機/ローリング社 スマートロースター 35kg
□焙煎度/浅煎り
200g  ¥920(+税)